「可変走攻ガンバイク」真・登場人物紹介



※ネタバレありの登場人物紹介


表の形式
人物名 説明 声優名



ガンバイク特攻隊のメンバー
イッペー
真紅の自走砲弾「ガンバイク」に乗り込む、15歳の熱血少年。自分の感情をストレートに表すまっすぐな性格をしている。ガンバイクとは名コンビぶりを発揮。
グンとダン兄弟との戦いでガンバイクが壊れてしまい悲嘆にくれるが、ガンバイクの意思の導きによってイクミと対峙、激闘の末戦いを終わらせる。
エンディングではガンバイクと一緒に空へ旅立っていった。

「オレは天下のイッペー様だぜ。大丈夫!」

高木渉
アミ
ミチとヒトの合成によって造られた人造人間。試作型の自走砲弾「プロト」に乗り込む。ノウノに強く依存し心の支えとしていたが、ノウノのふんぎりにより内部で様々な自我衝突を引き起こしてしまう。
裏切ったノウノに見切られたことにより、ヒトとしての自立と過去の記憶から真実を見る。自分を取り戻したアミはすべてを終わらすべく奮闘する。
エンディングでは空へ旅立つイッペーの誘いを断り、星に残った。

「お願いプロト。私に力を与えて」

菅原祥子
ノウノ
漆黒の自走弾頭「エックス」に乗り込む青年。ミチとなった家族(父とイクミ)を捨てた過去を持つ。
ガンバイク特攻隊の指揮官として隊の安全を第一に考え、イッペーやアミにも信頼されていたが、ミチの少女シンシアとの再会によって狂気に走り豹変。仲間を裏切り、自ら人類を粛清しようという野望を抱く。
シンシアの導きでタシケント要塞内部でイクミと再会。戦いの末、ヒトを超えた存在となり、イクミと共にいずこかへと去っていった。

「ミチとなった家族を捨て、ヒトとしても仲間を裏切ったこの私を、お前は…お前は許してくれるのか、イクミ!」

森川智之
ガンバイク(ガンバイク97)
イッペーが乗り込むガンバイク。イッペーにとってはいつもそばにいて一緒に戦い支えてくれる良きパートナー。
グンとダン兄弟との戦いで壊れてしまうが、その意思はイッペーをタシケント要塞内部へと導いた。
エンディングではイッペーの元に戻り、彼と共に空へ旅立った。

「恐怖と憎しみがここには溢れている。イッペー…死なないで」

吉田古奈美
プロト(ガンバイクプロト)
アミが乗り込むガンバイク。ガンバイクやエックスと違い、必要最低限なことしか言わない寡黙な性格。ノウノが去った後、記憶を取り戻したアミの支えとなる。

「アラームメッセージ。障壁濃度、異常検出」

森川智之
エックス(ガンバイクX)
ノウノが乗り込むガンバイク。
イクミの声紋データを使っているため、イクミと同じ声をしている。
ノウノに忠実で、ノウノが裏切った後も彼と共に戦い支え続けた。

「レディ。標的を敵と認識、記憶しました」

山田美穂
ミチ
グン
ミチの少年。弟ダンと共にイッペーたちの前にたびたび現れ挑発してくる。
タシケント要塞では仲間たちを守るために、攻め込んだイッペーたちの前に立ちはだかる。

「来いダン!」

非公開
ダン
グンの弟。いつも兄グンと行動を共にしている。負けん気の強い性格。タシケント要塞での戦いでは、兄グンのバイクと合体したロボット形態で立ちはだかる。

「わかってるってグン兄貴!」

非公開
シンシア
ミチの少女(少女と形容されているが、人間とモンスターが合体したような異形の姿をしている大型のミチ)。旧格納庫にやって来たイッペーたちの脳裏に話しかけてくる。ノウノとは面識があったらしい。シンシアとの精神感応によってノウノは狂気へと走ってしまう。

「ノウノおじちゃんは嫌いみたいだよ、お姉ちゃんのこと」

非公開
イクミ
ミチの指導者でノウノの妹。ミチの指導者であるプライドから、ヒトを見下すなど、性格はプライドが高く冷淡。アミに対しては、自分がアミの代わりにされた怒りから、あからさまに感情をぶつけるなど気性の激しい面も見せた。
ノウノエンディングではミチの理想をなしとげたノウノと共にいずこかへと去った。

「兄さん…やっと私のところに戻ってきてくれた…」

山田美穂





<トップページにもどる>